劇団「14歳」とは

少女が女優になる時。

人生のうちで一度だけ訪れる僅かな時間。
14歳…。

彼女達の過ごす時間は、ものすごいスピードで彼女達に変化を与えていく。
その瞬間だけに放つ輝きを  彼女達自身は知らない。
その瞬間は二度と戻らない。 その瞬間は二度と観れない。

幼き女優達の人生の中で許される僅かな時間の公演
少女が女優になる時。

舞台の時間です。